雨漏りは水漏れとは全く異なる現象であることに注意 - 家が雨漏りした時の修理方法

雨漏りは水漏れとは全く異なる現象であることに注意

subpage01

雨漏りと水漏れは水が漏れてくるという点では一緒ですが、発生原因や対処方法が異なっているため、全くちがう現象として考えるべきでしょう。雨漏りは、屋上や外壁の穴から建物の内部に侵入した雨水によって建材が劣化したり、自然災害によって破損した屋根や外壁から雨水が入り込んだ結果として起こる現象です。


対処をするには、雨水の経路を特定しなければなりませんが、これを調べる作業はとても大変です。

また、雨水の経路が比較的簡単にわかっても、場所的にすぐに対処するのが困難で、大掛かりな修繕工事をしなければならないケースもあります。


雨漏りでは、自然災害による破損が原因だった場合は火災保険を適用させることができますが、経年劣化が原因である場合は修理費用が全額自己負担となる可能性が高いです。

一方、水漏れの原因の多くは配管の劣化や破損です。



そのため、雨漏りの場合とは異なり、水が漏れ出している経路は破損箇所が特定できれば比較的容易に判明し、修理は基本的には配管とその周辺について行うだけで済みます。



水漏れでは、配管の破損が原因であれば火災保険の水漏れ補償によって保険金が支払われますが、経年劣化が原因だった場合は保険を適用させられない可能性があります。



集合住宅の場合は、上層階の住人の行動が原因だということがはっきりしているのであればその人に賠償を求めることができ、共用部分で発生したものだった場合は管理組合に修理費用の負担を求めることができるでしょう。